Baumkuchen’s Workshop

バイオリンと電子工作、DIY、ジョギングなど。

レンガで立水栓を作る-水受けを作る(完成)

途中まで作った水受けを今度こそ完成させます

baum-kuchen.hatenablog.com

水受けの製作

水受けの作成手順は、次の通り。5番の続きからです。

1.土を掘って平にする

2.飾りレンガを千鳥に配置し、目皿の高さと合わせる

3.土を戻し、深さを揃える、セメントを充填し、レンガの厚さ1個分の深さに揃える

4.周囲のレンガを配置   

5.水受け面にセメントを充填し目皿の位置に揃える(深さ3cm=目皿)ここから

セメント充填#2

追加のセメント1kgを使い、水受け面へのセメント充填は完了しました。が、想定していた事でしたが、飾りレンガ面がでこぼこです。

また、レンガの間を平らにならすのに持っていた小手では無理だったので、要らなくなったポイントカードを使って平らにしました。

セメントが少し乾いた所で、メンディングテープを剥がし、はみ出たセメントを水をつけて拭き取っておきます。これでセメントが固まれば、水受けは無事完成となります。

水受け完成

漸く、水受けが完成しました。なお、セメント充填で少しセメントが余ったので、立水栓のレンガも先行して配置し始めてます。

メンディングテープを使って気をつけたりしましたが、レンガに結構セメントが付いてしまいました。タガネとスチールブラシを使って、目立たない様に削っておきました。割といい出来映えです。

一応、排水も確認。

端の方に若干水が残りますが、実用上は問題なしです。

今後の作業

ということで、水受けは完成しました。ここから先は、本丸の立水栓を作って行きます。これからの作業は、以下の通り。

  • レンガ積みー立水栓用
  • 水道配管(蛇口結合)、凍結防止保護
  • レンガ積み-立水栓完成

目標としては、何とかこのゴールデンウィーク中に完成させたいところです。よろしかったら、引き続き、お付き合い願います。


続きは、こちら。

baum-kuchen.hatenablog.com