Baumkuchen’s Workshop

バイオリンと電子工作、DIY、ジョギングなど。

バイオリン教室の前日、Violinの弦が切れました【Pirastro Tonicaへの弦張り替え】

バイオリン教室の前日、弦が切れて焦りました。

写真は、切れた弦(E線)です。

E線が切れた(切ってしまった)のは、2回目です。

baum-kuchen.hatenablog.com

弦が切れた原因

原因は、単に張力の掛けすぎとしか言えません。言い訳できません。

写真は、今使っているKorgのクリップチューナです。練習前にチューニングしようと、A線、D線、G線と進め、E線をチューニングしましたが、全然針が振れません。音も聞いた感じでも特におかしくはなかったのですが、テールピースの微調整のネジを回しても、針がピクリともしなかったので、ペグ回してチューニングを。ところが一向、針が動かないな~。と思っていたら、

ブチッ

という音と共にE線が切れました。

で、何でか?というと、よく見たら次の写真の様に、チューナのモードが、”VIOLA”になっているではありませんか。

Korgのチューナは、本体左端のスイッチで、電源オンとチューニングモード選択ができる様になっているんですが、どうも、電源オンの時に誤ってモードも”VIOLIN”から変えてしまった様でした。

Violaには、E線があるわけがなく、いっくらチューニングしようが針が動かないわけです。

実は、1回目に弦を切ってしまった時も同じ間違いを犯していました。人間、学習しないもんですね。と、悠長なことは言っていられず、何とかせねばということで、いざというときのためにバックアップでとっておいた使い古しの弦を取り出して、明日のバイオリン教室はしのぐことにしました。

新しい弦の注文

早速、新しい弦を注文せねば。

今使っている弦は、ドミナントですが、次には別のものも使って見たいな(どんだけ違いがあるのかも試してみたい)といことで、PRASTRO当たりを考えていました。

値段も手ごろなもので、下記のサイトなどを参考にPRASTRO TONICAを選択。EVAH PIRRZZIとか良く聞いて(見て)いましたが、ちょっと高めなので、今回はTONICAで。

www.yamano-music.co.jpで、翌日には届きました。

新しい弦の張替え

早速、新しい弦に張替えです。PIRASTROは、ペグ側の方が色分けしてあるんですね。

テールピース側は、基本、赤白(E線のみ赤)です。

結果

弦を張り替える前に、練習音をiPhoneで録音し、PRASTROに張り替えた後、同じく録音して比較してみました。最終的には耳で聞いた音ですが、古い弦の音を思い出すのが難しいと思ったので。

が、あんまり差がない感じです。よく良く聞くと、音量は確実に大きく響いているようですが。

前回、ドミナント弦に変えたときは、すごく差があったんですが、腕前の問題なのかもしれません。ただ、練習あるのみですね。

 

 

 

レンガで立水栓を作る-レンガ積みー立水栓用(完成?)

いよいよ、立水栓を完成させます。

baum-kuchen.hatenablog.com

レンガ積みー立水栓用(続き)

セメントが固まったので、続きを作っていきます。5、6では、水道を止めるので手早く作業を行う必要があります。

立水栓の作成手順は、次の通り。

1.レンガを積む#1

2.ソケット(蛇口)の付くレンガに穴を開ける

3.ソケット、エルボーの仮組み

4.レンガを積む#2

5. ソケットを付ける ←ここから

6.蛇口を付ける

7.最後のレンガを積む

 

ソケットを付ける

水道を止めるで、手順をイメージアップしてから、一気に進めます。

水道管をカット

仮設置してあった水道管をカットする位置を決めます。計算上の高さである、地面から65cmの高さの所にマーキングして置きましたが、蛇口を取り付けるレンガの穴から覗いてみると、ピッタリの高さになっていました。エルボーのオフセット(19mm)を加味して、金鋸でカットしました。

 

レンガと壁の隙間で作業でとってもやり辛いです。カットしたあと端面のバリ取りをして完成。エルボーとソケットを仮組みして寸法のチェックをします。

エルボーを接着

その位置にエルボーを接着。接着剤が固まる前に、ソケットを仮組みしてエルボーの高さと向き合を補正します。

ソケットを接着

ついで、ソケットを接着します。ソケットとエルボーでレンガを挟む様にして固定できると考えてましたが、レンガに開けた穴の寸法がエルボーの径と同じで、これは無理と判明。はてどうしようと、しばし考えた挙句、手元にあるエポキシ系接着剤を使ってみることにしました。一応、陶器も着くとあったので。何もないよりましです。

ソケットの周囲にエポキシ接着材を塗布し、ソケットに予め接着していた短い水道管に塩ビ用接着剤を塗布し、レンガに差し込み裏のエルボーに押し込み接着。特に難しい作業では無い・・はず・・・でし・・た。

が、塩ビ接着剤を塗ったこともあってか、エルボに刺すときに少し力を入れたら、グラッと。

固まったいたはずのセメントがもろくも崩れ、穴あきレンガとその側方を止めていたレンガが外れてしまいました。

ここまで水道管を加工したところでは後戻りができないので、ソケットをレンガに固定し、蛇口まで付けてしまう必要があります。

思わぬ誤算です。

とりあえず、接着剤が硬化するまで約30分待ちます。

蛇口を取り付ける

とりあえず進みます。蛇口のネジ部に漏れ止めシールテープを巻いて(巻く方向は注意)、

ソケットにねじ込みました。蛇口の角度が鉛直のに位置で止まる様に、漏れ止めテープは数回巻き増しをする必要がありました。レンガが倒れないようにクランプで止めているところが、悲しいです。

水道栓を開放して、蛇口から無事水が出るこは確認できました。

本来なら、これで完成のハズですが、悲しいかな、ここからの復旧をどうしたものかと悩みました。

レンガ復旧

結局、水道管を付けたまま、レンガを少しずらし、不要なセメントを取り除いて、再度セメントを充填するしかないです。左右の支えるレンガも取り付けて、少しは強度が増すことを期待。このまま、固まって、強度がでることを祈ります。

今回の強度不足ですが、ネットで調べると水分量が適切でないと、セメントの強度が低下するとあり、どうもそのようなことが起きていたのではないかと推定。いちおう、インスタントセメントの説明書きにあるようにちゃんと水分量を測ってやったはずですが、若干流動性を得るため水を多めにしていたことが仇になったのかもしれません。復旧に使ったセメントは、ちゃんとスケールを使って、セメント、水の重さを測って混ぜました。また、セメントの強度が100%となるには、1ヵ月ほどかかるとの記事も。しばらくは、蛇口に力を掛けないように慎重に扱う必要がありそうです。

保温カバー取付

セメントが固まるまでの合間を見て、保温カバーの残りを装着します。配管部には、残りの長さ約9cmのカバーを巻きつけて完成。エルボー部は、予めカットして置いたアングル用のカバーを取り付けます。アングル用のカバーは、真ん中あたりをプラスチックのピンで止めるだけです。ただ、レンガに余計な力が掛からないように細心の注意を払いました。 

立水栓の完成

3月から製作を開始した立水栓がようやく完成しました(多分)。

目標としていたゴールデンウィーク中の完成も何とか成りました。使用開始は、あと数日待って、セメントの強度が増してからにします。無事、固まっていることを祈ります。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

<<断り書き>>

本文中、”セメント”と書いてきましたが、正確には”モルタル”と言うそうです。

 ペーストペースト = セメント + 水

 モルタル = セメントペースト + 砂 = インスタントセメント + 水

 コンクリート = モルタル + 砂利

ということの様です。

レンガで立水栓を作る-レンガ積みー立水栓用(その1)

水受けが完成したのて、立水栓を作って行きます。

baum-kuchen.hatenablog.com

レンガ積みー立水栓用

今はいいけど。冬場の凍結の恐れも考えないと行けないと気づき、水道管を保温するカバーも急遽調達。

立水栓の作成手順は、次の通り。

1.レンガを積む#1

2.ソケット(蛇口)の付くレンガに穴を開ける

3.ソケット、エルボーの仮組み

4.レンガを積む#2

5. ソケットを付ける

6.蛇口を付ける

7.最後のレンガを積む

レンガを積む#1

セメント1.5Kgを使って、ここまでレンガを積みました。左側から順に組んで行けばよかったかもしれませんが、下の段から組んで行ったので、真ん中とその横のレンガの隙間を後からセメントで埋めることになってしまいました。ちょっとレンガの間隔が狭すぎたかもしれません。この状態で、セメントが固まるまで、次の工程に進みます。

ソケットの付くレンガに穴を開ける

ソケットを取り付けるレンガにタガネで穴を開けます。割ったレンガで挟んでも良かったのですが、ここは、見栄えにこだわりました。

コツコツと、タガネで両側から削って、何とか貫通するまでに。1時間位掛かったかな。

そこから、穴を広げて、ソケットが入るようにします。写真は途中の状態。あと少し、穴を拡大します。ここまで、更に2時間程。疲れた!

ソケット、エルボーの仮組み

ソケットとその後ろのエルボーの仮組をします。これは、保温用のカバーを取り付けることになったために必要になったもの。

ソケット、エルボーを並べてみると、ソケット面からエルボーまで、約9.3cmあります。予定では8.5cmで、その寸法に合わせて水道管を配置したはずですが、1cmほど長すぎます。このまま、無理やり水道管を曲げてつなげてもいいんですが、ちょっと怖いので、ソケット側を5mmほどカットすることにしました。あまり短くすると、間に挟む短い水道配管との掛が小さくなって接着材が効かなくなるので注意が必要です。

また、エルボー部にかぶせる保温カバーの寸法がちょっと大きすぎることが判明。結局、レンガ側をカットすることにしました。

カットした保温カバー(エルボーが中に入ってます)です。これで、レンガの後ろに保温カバーがピッタリつくことになるので、保温性能も問題無いかと。

穴を開けたレンガに全体を仮組してみました。いい感じになってます。

レンガを積む#2

残りのレンガを積む前に、裏側で作業がしずらくなるので、保温カバーを50cm分(中央レンガ3段分)の高さまで設置します。カバーは、切れ目が縦に通っているので、水道管に沿わせて巻き付け、カバーについてる粘着テープで付けるだけです。

レンガは、中央穴開きのレンガの設置をするところまでで一旦中断です。右側のレンガは、ソケットの取付加工をしたあと、最後に付けます。そうしないと、アクセスがしずらくなってしまいます。レンガの後ろ側がアクセスが非常にしずらかったので苦労しました。レンガの隙間にセメントを充填するにしても、のぞき込むこともできないので、結局、手探りで手でセメントを隙間に充填することに。人間の手って万能の道具ですね。(注:ちゃんと、ビニール手袋しました。そうじゃないと、手荒れがひどいことになります。)

あと、水道管が左に傾いてますが、真っすぐにするとちょうどレンガの穴の位置に来ます。あと、一歩です。

今後の作業

立水栓のレンガ積みもあと一歩で完成です。一気に作業をすることも考えましたが、ソケット、蛇口取付は、それなりに力を掛けることになるので、セメントが完全に固まってからが良いだろうということで、今回は、ここまでとします。

残る作業は、以下の通り。

  • 水道配管(蛇口結合)、凍結防止保護
  • レンガ積み-立水栓完成

あと、1日あれば完成しそうですので、目標としていたゴールデンウィーク中の完成は達成できそうです。よろしかったら、最後まで、お付き合い願います。


続きは、こちら。

 

baum-kuchen.hatenablog.com

 

レンガで立水栓を作る-水受けを作る(完成)

途中まで作った水受けを今度こそ完成させます

baum-kuchen.hatenablog.com

水受けの製作

水受けの作成手順は、次の通り。5番の続きからです。

1.土を掘って平にする

2.飾りレンガを千鳥に配置し、目皿の高さと合わせる

3.土を戻し、深さを揃える、セメントを充填し、レンガの厚さ1個分の深さに揃える

4.周囲のレンガを配置   

5.水受け面にセメントを充填し目皿の位置に揃える(深さ3cm=目皿)ここから

セメント充填#2

追加のセメント1kgを使い、水受け面へのセメント充填は完了しました。が、想定していた事でしたが、飾りレンガ面がでこぼこです。

また、レンガの間を平らにならすのに持っていた小手では無理だったので、要らなくなったポイントカードを使って平らにしました。

セメントが少し乾いた所で、メンディングテープを剥がし、はみ出たセメントを水をつけて拭き取っておきます。これでセメントが固まれば、水受けは無事完成となります。

水受け完成

漸く、水受けが完成しました。なお、セメント充填で少しセメントが余ったので、立水栓のレンガも先行して配置し始めてます。

メンディングテープを使って気をつけたりしましたが、レンガに結構セメントが付いてしまいました。タガネとスチールブラシを使って、目立たない様に削っておきました。割といい出来映えです。

一応、排水も確認。

端の方に若干水が残りますが、実用上は問題なしです。

今後の作業

ということで、水受けは完成しました。ここから先は、本丸の立水栓を作って行きます。これからの作業は、以下の通り。

  • レンガ積みー立水栓用
  • 水道配管(蛇口結合)、凍結防止保護
  • レンガ積み-立水栓完成

目標としては、何とかこのゴールデンウィーク中に完成させたいところです。よろしかったら、引き続き、お付き合い願います。


続きは、こちら。

baum-kuchen.hatenablog.com

 

レンガで立水栓を作る-水受けを作る(その2)

途中まで作った水受けを完成させます。

baum-kuchen.hatenablog.com

水受けの製作

水受けの作成手順は、次の通り。4番の続きからです。

1.土を掘って平にする

2.飾りレンガを千鳥に配置し、目皿の高さと合わせる

3.土を戻し、深さを揃える、セメントを充填し、レンガの厚さ1個分の深さに揃える

4.周囲のレンガを配置   ここから

5.水受け面にセメントを充填し目皿の位置に揃える(深さ3cm=目皿)

周囲レンガの配置

残ったレンガを均等になる様にセメントでくっ付けて行きます。レンガの寸法が結構バラバラなのでスキマを埋めるセメントの厚さもバラバラですが出来るだけ均等になる様にします。一通り配置出来て、少し乾き掛けた所で、レンガに着いた余分なセメントを水に濡らして取って置きます。

セメント充填#2

最後に、水受けの目皿、飾りレンガの面までセメントを充填し整えます。飾りレンガにはメンディングテープを貼って置きましたが、周囲レンガの内側にも基準のためメンディングテープを貼ろうとしましたがレンガが朝露で湿っていたためか全然付かず断念。セメントの量は約600cc必要のハズ。セメント節約とレンガを割った時の破片処理も兼ねて、細かく砕いて一緒に埋めてしまいます。

しかし、セメントを2kgも投入したのに全然足りませんでした。

もうセメントが無いので、またもや作業中断の結果となってしまいました。

今後の作業

ここから先の作業は、以下の通り。

  • 水受け(完成)
  • レンガ積みー立水栓用
  • 水道配管(蛇口結合)、凍結防止保護
  • レンガ積み-立水栓完成

この調子で、ゴールデンウィーク中にできるでしょうか。微妙なところです。

よろしかったら、お付き合い願います。


続きは、こちら。

baum-kuchen.hatenablog.com

 

ATX電源の活用方法#7-完成

ATX電源の活用方法の続きです。いよいよ最終組み立てです。

 

baum-kuchen.hatenablog.com 

 パネル内配線

パネルメータの不良(爪の内部まで樹脂でへこまない)により、爪を削っているため、固定はグルーガンです。ついでに、電源スイッチも少し取付けにガタがあったので、グルーガン処置しておきました。

f:id:Baum_kuchen:20210710233734j:plain

上部パネルでできるだけ配線をします。といってもパネルメータと電源スイッチ回りですけど、少しでも配線を固定しておかないと、あとの組立が大変なので。右に出ている2本の赤・黒がステップダウンコンバータへの配線。細い電線はパネルメータの電源ですがこれはあとから半田付け。電源スイッチ回りも、組立時に半田付けします。

f:id:Baum_kuchen:20210710234059j:plain

配線位置決め

上部カバーと本体の配線は、最終的な組み上げ時と状態を考え、写真のような配置で各配線(主に端子への電源配線)を決めていきます。

f:id:Baum_kuchen:20210710234124j:plain

まず、GND配線から。配線の取り回しも考え配線長を決めたうえで、端子に接続するラグ板に半田付けします。組み上げ時には配線がこすれることも考えてラグ板もできるだけ熱収縮チューブで保護しました。電源の容量からすると、5V系は最大30Aも流せるので本当は2本位ではもたないですが、配線スペースとラグ板への配線を考えるとこれが限界。

f:id:Baum_kuchen:20210710234144j:plain

配線長を確認するため、できた配線を仮組してみます。最終的にはこのまま上部カバーを右90度回転させながら組み付けて行きます。

f:id:Baum_kuchen:20210710234201j:plain

配線干渉確認

各電源端子への配線を1つ作る度に、仮組をして問題無いか確認します。いまは、まだファンを付けていないので内部が覗けるので、ギリギリ何とか確認できている状況。ファンを付けたあとではもう無理ですね。

f:id:Baum_kuchen:20210710234440j:plain


配線完了

全ての端子、電源スイッチ、パネルメータ(パネルメータ用の電源のみ)を接続完了した状態。黄色の12V電源だけは、赤(5V)、オレンジ(3.3V)とは逆の方向から端子へ接続しました。こうしないと、配線がかたまりすぎて、うまくいきません。

f:id:Baum_kuchen:20210710234457j:plain

別の角度から見たところ。これだけだと、そんなに密ではないですが、組むのは大変でした。

f:id:Baum_kuchen:20210710234254j:plain

簡単な回路ですが、最終組み上げの前に動作確認は必須です。一応、一発でOKとなりました。また、組み上げる前に、各端子の裏のネジ部のところにグルーガンでグルーをもって、絶縁対策としました。多分、配線とこすれること必至なので、経年劣化でそのうちショートして火花を散らすのが目に見えていますので。

完成

組み上げる時は、隙間からピッセットで配線の位置を微調整しながら、最後は何とか力業で組み上げました。仮組の時はファンがなかったので覗けましたが最終組み立てではそうはいきません。隙間らかなんとはピンセットをつっこんでやりました。一応、配線にはそんなに無理な力は掛かっていないと思います。組立時にはげた一部の塗装を上塗りして、完成です。

f:id:Baum_kuchen:20210711201500j:plain

 横から見た写真です。側面と上面のラインがまあまあ合っているのでこれは満足。

f:id:Baum_kuchen:20210711201606j:plain

 ちなみに、改造前の電源の写真を再掲します。自分でいうのも何ですが、カッコよくできたのではないかと思います。 

f:id:Baum_kuchen:20210711202140j:plain

最終チェックとして、動作確認です。ちゃんと動きました。良かった。

f:id:Baum_kuchen:20210711201629j:plain

 おわりに

 これで、ATX電源活用方法は終わりです。全7回にお付き合い頂き、ありがとうございました。今回のATX電源活用方法が、何かにお役に立てれば幸いです。

 ちなみに、かかった部品代は、¥2,522でした。

その後

その時は来ました。

突然、ファンが止まり出力が出なくなってしまいました。

折角、カッコよく(自画自賛)できたと思ったのに。

時間を見つけて何とか直せないかトライします。

(2022.4.19更新)

 

 

レンガで立水栓を作る-水受けを作る(その1)

排水管は設定できました。

ただし、水受けが無いと排水できないのでした。あたり前。

baum-kuchen.hatenablog.com

水受けの製作

水受けの作成手順は、次の通り

1.土を掘って平にする

2.飾りレンガを千鳥に配置し、目皿の高さと合わせる

3.土を戻し、深さを揃える。セメントを充填し、レンガの厚さ1個分の深さに揃える

4.周囲のレンガを配置

5.水受け面にセメントを充填し目皿の位置に揃える(深さ3cm=目皿)

これで、強度的にも強固な水受けができるはず。ただ、セメントを結構使いそうです。とりあえず、水を入れるだけのインスタントセメント4Kgを買ってみましたが、多分足りない。

f:id:Baum_kuchen:20220410234548j:plain

レンガは取り合えず、3色計21個買ってあります。

f:id:Baum_kuchen:20220410234641j:plain

基礎部整地

水受け面にレンガをモザイク状に配置しようと思うので、まず、レンガの下面のレベルで整地します。レンガの厚さが4.5cmなので、地面から7.5cmの所になります。

f:id:Baum_kuchen:20220416211103j:plain

飾りレンガ配置

レンガをレンガタガネで割って、並べます。最初のレンガ割りは、真っすぐとは全然言えない割れ方です。ネットで調べて、ちゃんとレンガの周囲全体に、タガネで筋を付けてから割っていったんですが、御覧の通り。

f:id:Baum_kuchen:20220416211321j:plain

この様なタガネでカット。

これで止めるわけには行かないので、4分割するまで続けました。

f:id:Baum_kuchen:20220416211543j:plain

左側に割れ目が2回目、右側の割れ目が3回目。段々、上手くなっているが自分でもわかってちょっと嬉しいです。でも、何が違いのか、この時点では未だ分からず。

目的とする5cm角のレンガになるまで割っていった結果です。1つだけいびつなのがありますが、一応見た目に5cm角のレンガに割ることができました。

f:id:Baum_kuchen:20220416211907j:plain

コツとして分かったことは、周囲4方向にタガネで筋を入れるのはその通りですが、力いっぱいたたかないで、割と軽めのハンマリングを回数を行うということと、レンガを置くところを平らな面(とりあえず別のレンガの上)で行うと、きれいに割れる傾向があることが分かりました。また、たたいていると途中で音が少しこもった様になったあとの数回あとのハンマリングで、ポロッという形で割れることが多かったです。

レンガが何とか割れたので、レンガを並べてみました。

f:id:Baum_kuchen:20220416212536j:plain

レンガの上面が、目皿の位置に合うように多少調整します。ただし、水が目皿に集まる様に、目皿の高さよりレンガ面を少しだけ高くしておきます。レンガの形が若干いびつなのが気にはなりますが、それがかえって自作感がでて良い風合いを醸し出していることにします。

セメント充填#1

枠を段ボールで囲って、ある程度土を盛ってから深4.5cmまでセメントを流し込みます。全部セメントだと、量が多すぎますので。それでも、計算上は、3,100ccのセメントが必要です。

f:id:Baum_kuchen:20220416212831j:plain

段ボールは予め寸法を合わせて形にし、防水対策として周囲を塗装したり、内側に基準線(1cm~3cm)を引いてあります。

f:id:Baum_kuchen:20220416213208j:plain

始めに土を約1cmを埋めました。セメントが付かないように、レンガ上面にはあらかじめマスキングテープで保護をしておきましたので、間に土を入れるときも土汚れが付かず正解でした。埋める土の量は目分量ですが、あとから思えば、もう少し多く埋め戻すべきでした。

f:id:Baum_kuchen:20220417194011j:plain

深さ4.5cmのところまでセメントを充填したところ。計算では、3100cc程度だったのですが、結局、4Kgのインスタントセメントを全部使ってしまいましたが、深さ的には、5cm位になっていると思います。このまま乾かして、周囲にレンガを載せるときに、高さは決めて行きます。

f:id:Baum_kuchen:20220417194032j:plain

周囲レンガ配置

レンガを1/4に割って、水受け周囲にセメントで固定します。立水栓になる所は、基礎としてレンガを横に2個並べて、水平をキチンと出します。レンガ上面が地面の高さとそろっているはずです。今度は、レンガ割りは、割と真っすぐに割れました。こんなもんでしょう。

f:id:Baum_kuchen:20220417194112j:plain

レンガを切るノコギリ(下記)もあるようですが、そんなに切る機会もないので今回は見送りです。

最初に、立水栓の基礎となる2枚のレンガを設置します。ちょうど、水道管を挟むような位置になるので、タガネで少し端を欠いて、置くことにしました。

f:id:Baum_kuchen:20220417194200j:plain

立水栓の基礎と、左右の周囲のレンガを設置した所です。レンガにセメントを盛ったあと、所定の場所に素早く置き、水準器で水平、左右の高さを確認しながら、位置合わせを行います。位置が決まったら、レンガの間にセメントを充填して完了です。

f:id:Baum_kuchen:20220417194431j:plain

周囲のレンガを配置し始めました。この時点では、基礎セメントの枠(段ボール)は不要なので、取り除いてあります。

写真は、左側の2個を配置した所です。レンガの隙間をセメントで埋めるとき、セメントがどうしてもレンガ面に掛かってしまいますが、乾く前に濡れた布で拭いておけばOKです。

f:id:Baum_kuchen:20220417194543j:plain

本当は、この続きを一気に仕上げる予定でしたが、本日は時間切れとなってしましました。残念。続きは来週です。

今後の作業

ここから先の作業は、以下の通り。来週には、水受けまでは完成させないと。

  • 水受け(残り作業)
  • レンガ積みー立水栓用
  • 水道配管(蛇口結合)
  • レンガ積み-立水栓完成

目標としては、何とか4月中に完成させたいところです。よろしかったら、お付き合い願います。


続きは、こちら。

baum-kuchen.hatenablog.com